プロフィール

富山県高岡市に生まれ、その後小杉町、富山市内で2件の合計3回転居、18歳まで過ごす。

今思えば、その間母は、2回家を新築していた。

大学で東京にでて、人の明るさを感じ、のびのびした気持ちになった。

就職は、自分のやりたいことを見つめなおし、「私は自分の家がほしい」と不動産屋さんに就職。

面接試験で志望理由を「自分の家が欲しいからです!」と言って笑われるも採用され、当時まだ珍しい総合職として営業を経験。藤沢営業所に配属されたのが、現在の居住地藤沢市に住むきっかけに。

先輩男性社員が「不動産営業を経験すればどんな仕事だってできるよ」と言っていた通り、いろんなお客様のいろいろな人生に出会った。30歳の時に念願のマイホームを取得し、その楽しい経験がきっかけとなって建築業に興味が移る。

大手ハウスメーカーに転職し、いい成績を上げてる最中に妊娠が発覚し1年で退職、専業主婦に。

年子で2人目の子供も生まれ、その大変さが耐えられなくなり、子供を保育園に預けるため2000年に大工の夫と建築会社を設立。「楽しい家づくり」をできる会社をお客さん目線と大工目線で運営し、現在に至る。

*  *  *

記事にもありますが、運動音痴で筋力もない私が、54歳でロードバイクを始めました。

そのおかげで、超幸せを感じる瞬間が、今までの人生に比べて5倍ぐらいはふえました。美しい自然の風景の中を走り、心地よい風を感じ、体の中から幸せが溢れてくるような感覚を感じることができます。

自分の体を使って行き着いた先でいただく美味しい食事やお茶は、これまた感動を覚える美味しさです。

ロードバイクを楽しむためには、必要最小限、用意周到な荷物の準備が大切です。それには計画性、想像力、手配力などが必要だし、仲間との行動を楽しむにはコミュニケーション力も必要です。

決して早く走れるわけではありませんが、ロードバイクを始めてから、私はいいことばっかりです。仕事も順調ですし、人間関係も順調。周りには嫌な人など一人もいなくなり、毎日がとっても楽しくなりました。

せっかく生まれてきたのですから、たくさん楽しみ、幸せを感じて生きることができる方がいいと思いませんか?

それは、考え方と行動とをちょっと変えるだけで可能なんです。

そのことをみんなに伝えて、より多くの人が自分らしい人生を送れるようになることに、ちょっとお手伝いができるといいなぁ〜と思っています。

自分の視点を変えて、あることに気付くことからスタートです。

視点を変える役割を私が担えたら嬉しいです(^^)。